寝起きの腰痛は「寝る前の60秒タオルケア」で解消する。寝起きの腰だるさをスッキリさせる超簡単ケア。

 

寝起きの腰痛が酷くてスムーズに起きることができない!

というお悩みを抱える方って非常に多いですよね。

あまりにも寝起き腰痛に悩む方が多いので、ご自宅で今日からできる

必要なものはタオルだけ!
「毎朝スッキリ!寝る前の簡単タオル背骨リセット方法」

をお伝えしていきます。

 

  • 毎朝寝起き腰痛があってなかなか起き上がれないな〜。
  • 高級ベットや枕を買ったけど、効果を感じなかった。
  • 朝の時間が腰痛のせいで憂鬱になる
  • 朝は腰痛のせいで動作がスローモーションになってしまう。

 

という方は、この内容を実践し、

寝起き腰痛なしですっきり目覚められるようにしましょう!

 

なぜ寝起きに腰痛が起きてしまうのか?

朝の寝起きに腰痛が出る人の最大の特徴は、

背骨が硬くなってしまっている。

です。

当たり前ですが、みなさんは

  • 首・背中・腰を丸める
  • 首・背中・を反る
  • 首・背中・腰を捻る

などの動作はスムーズにできますよね。

背骨というのは、

丸めたり、反ったり、捻ったりなどの様々な動作をするために、とても大切な骨なのです。

『背骨=動作に重要な骨』です。

その背骨が硬くなってしまっているとどうでしょう?

→動きにくい体。になってしまいます。

つまり睡眠中に動きにくい体になる。ということです。

 

では、「睡眠中に動きにくい」とはどういうことか?

寝返りが打てない体になってしまうのです。

腰に負担がかかった姿勢で寝ていて、腰が辛くなったら

通常であれば、その体勢を変えますよね。

しかし、背骨が硬い人は体勢を変えることができないのです。

睡眠中ずっと腰に負担がかかったまま寝てしまっているので、寝起きに腰痛が発生してしまうのです。

 

なぜ、背骨が硬くなってしまうのか?についてお伝えしていきます!!

なぜ背骨が硬くなってしまうのか?

背骨が硬くなる理由① 1日中悪い姿勢だから

ちょっとくらい悪い姿勢でも全然問題ありません。

ぼくもデスクワーク中は姿勢がかなり悪いです。しかし、全く腰痛や肩こりはありません。

姿勢が悪く背骨が固まってしまう方は

長時間同じ姿勢で過ごしている。というのが問題です。

デスクワーク中、ずっと同じ姿勢でいませんか?

2時間に1回は姿勢を変えたり、大きく伸びをしたりして、一度姿勢をリセットさせてあげてください。

 

背骨が硬くなる理由② 筋肉が固まっているから

①で長時間同じ姿勢で姿勢が悪いというお話をしました。

その状態が続いてしまうと、体中の筋肉がガチガチに硬くなってしまうのです。

特に首〜腰にかけての筋肉・背骨が硬くなりやすいです。

筋肉が硬くなってしまうと血流も悪くなるので、頭痛や冷え性にも繋がります。

 

背骨が硬くなる理由③ 呼吸が浅いから

「今から1分間呼吸を浅くしてみてください。」

あるいは、

「できる限り息を止めてみてください。」

どうですか?

体全体が力んでしまうのを感じていただけましたでしょうか?

この様に我々人間は酸素が少ないと、しっかりと呼吸ができていないと

体がガチガチに固まってしまうのです。

その結果、背骨が硬くなってしまいます。

 

高級ベットを買っても寝起きに腰痛になるのはなぜ!?

寝起き腰痛の方向けにオーダーメイドベットなどが販売されていますね。

そのベットを購入して、腰痛が楽になった!!

と思いきや、1ヶ月ほど経つと、また腰痛が再発・・・

なんてことは少なくありません。

なぜ、再発するのか?

いくらオーダーメイドでも結局、腰に負担が掛かってしまうから。

です。

もちろん、一般的なベットよりもオーダーメイドの方が腰に負担は掛かりません。

しかし、結局への負担は軽減されていても少し負担が減った程度です。

そのまま1ヶ月ほど寝続けたら、当然痛みは出ますよね。

なので、ご自身で背骨を緩ませる方法を術を覚える必要があるのです。

 

寝起き腰痛解消のために寝る前に実践してほしい!背骨タオルリセット方法

痛みのない範囲で行ってください。
無理することは厳禁!!

①タオルを2〜3枚用意する。

まずタオルを2枚〜3枚用意しましょう。

 

②そのタオルを重ね、3つ折りして丸める。

まず三つ折りにしていただきます。

三つ折りができたらタオルを丸めます。

写真のようにタオルを重ねていただき、3つ折りにし、丸めましょう。

丸める際に少しキツく丸めることがポイントです。

 

③タオルを当てる位置を確認する

この写真の様に腰にタオルを当てるのはNGです。

少し上に。肩甲骨のちょっと下にタオルを当てましょう。

女性は下着のフックの位置を目印に当てましょう。

 

④その位置に当たる様に仰向けに寝る

③で説明をした、肩甲骨の下にしっかりとタオルを当て、仰向けに寝ます。

この状態で腰が反ってしまい痛みが出てしまう方は、下記の写真のように膝を曲げましょう!

 

⑤両手を開き、そのままキープ

両手をバンザイします。

中には、ここで胸のストレッチを感じる方います。

その方は「胸の筋肉が硬く猫背になりやすい」という特徴があるので、

そのまま胸をストレッチしちゃいましょう!

胸の筋肉が固かったり、肩に痛みが出てしまう方は、④の状態でキープにしましょう。

 

⑥そのまま深呼吸

深呼吸を行うことで、しっかりと筋肉と背骨がほぐれます。

気持ち良い深呼吸を意識して行ってください。

目安は3分くらいのんびりしていましょう!

※無理のない範囲で行ってください。痛みが出る方はやめておきましょう。

  • 寝る前
  • お風呂上がり

などに行い、背骨をリセットしてから寝ましょう!

 

動画でも解説していますので、

「イマイチわからなかった」という方はぜひ見てくださいね!

 

まとめ

寝起きの腰痛の原因は、背骨がガチガチに硬くなっているから!

ガチガチになる理由は、

  1. 同じ姿勢で長時間過ごすから
  2. 筋肉が硬いから
  3. 呼吸が浅いから

です。

ガチガチの背骨を緩ませるために必要となるのが、『寝る前の60秒タオルケア』です。

  • お風呂上がり
  • 寝る前

などのタイミングで、深呼吸をしながら3分ほど行いましょう!

※痛みや不快感がある方はやめておきましょう。

 

オススメ記事はこちら!

  1. 肩甲骨の内側がガチガチに張って辛いという方にオススメ!
    肩甲骨の内側の痛みを和らげる『1分ストレッチ』をご紹介
  2. 毎朝スッキリ寝た感が欲しい!という方にオススメ!
    ぐっすり気持ち良い快眠は『90分睡眠』で決まる。快眠ストレッチを覚えよう
  3. 「我が子の頭痛をどうにか解消してあげたい・・・」という方にオススメ!
    小児頭痛外来にいかなくとも親の手で頭痛は治せる!

 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本屋敷裕太(もとやしきゆうた)

頭痛ストレスのない生活作りをお手伝いする「頭痛改善のプロ」 10年来の頭痛を薬やサプリを一切使わず、骨格から変えることでカラダを確実に変化させることを実現させる。 旅行と食べることが大好きです♪