こめかみが痛い頭痛の原因と誰でもできる簡単解消方法!

 

神奈川(横浜市)、東京(目黒、不動前)で

「頭痛」の改善をしている パーソナルトレーナーの本屋敷裕太です!

 

プロフィール写真

 

こめかみが痛い!そんな頭痛に悩まれている方は多く存在する中でしっかりとした解消を知っているのはごくわずか。

そんなこめかみが痛い頭痛の解消法を今回の記事ではお伝えしていきます!

 

こめかみが痛い頭痛の種類と特徴

こめかみが痛い!そんな頭痛は3つの頭痛に分類されます。

カンタンに見分けることが出来るので、まずあなたがどのタイプなのかをしっかりと判断しましょう。

種類 特徴
緊張型頭痛 頭の周りを何かに締め付けられるような痛み。

ストレスに反応することが多く、

毎日続く方と、ときどき発症する方に分かれる

偏頭痛 片側あるいは両側のこめかみ辺りが脈を打つように「ズキンズキン」と痛む。

多くの方が4時間以上続く。

群発頭痛 目がえぐられるような頭痛。

ある時期に集中して起こる

この表を見て、あなたの痛みの種類はありましたか?

それぞれ下に解説をしているので、自分の種類の特徴を確認しましょう!

 

締め付けられるように、こめかみが痛い!緊張型頭痛

 

緊張型頭痛は、

「反復性緊張型頭痛」→ときどき頭痛が起こる人。

「慢性緊張型頭痛」→毎日頭痛が起こる人。

に分かれます。

緊張型頭痛の特徴は、

  • 毎日、ときどき同じような痛みが起こる
  • 頭全体が締め付けられるような痛みになる
  • 頭全体、後頭部や首筋に痛みが出る方もいる
  • 動くと痛みは軽減する
  • ストレッチで一時的に良くなることもある
  • めまいや肩こりの症状も持っている
  • ストレスに反応しやすい

です。

 

こめかみがどくどく痛い!偏頭痛

偏頭痛はこめかみ辺りが脈を打つように「ズキン!ズキン!」と痛む頭痛です。

人によっては吐き気を催す方もいますので、しっかりと解決策を覚えましょう!

偏頭痛の特徴は

  • 月1〜2回、あるいは週1〜2回の頻度でくる
  • 片側あるいは両側のこめかみ辺りが脈を打つようにズキズキする
  • 1〜2時間で痛みはピークに至る。吐き気や嘔吐する人もいる
  • 動くことができない人もいる
  • 動くよりもじっとしている方が楽。
  • 胃がムカムカしたり、いつも以上にまぶしくなったりすることもある
  • 前兆があったり、なかったりする。

 

爆発的に痛みが出てしまう。。。群発頭痛

この群発頭痛の特徴は

  • たまーにくる爆発的な痛み。
  • アルコールやタバコ、気圧の変化が痛みの誘発原因だったりされる方が多いです。
  • ある1〜2ヶ月に集中して起こる

  • 頭痛の中では最大級に痛む

  • 片側や目の奥、上顎らへんに痛みが現れる

  • 目の奥がえぐられるような痛み

  • 毎日同時刻にくることが多い

  • 涙や目が充血したりすることも

  • 目のかすみ・首の張りという前兆がある方も

    です。

 

こめかみが痛い頭痛の原因

頭痛を患う女性

 

1.緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の原因は、

首、肩、背中周りの筋肉がガチガチに硬くなることでその筋肉の周りを流れている血管が縮まってしまいます。

縮まったことにより、血液の流れは悪くなることで次第に老廃物がたまり、周囲の神経に刺激を与えてしまい痛みが誘発されるのです。

人間はストレスを感じると、「首や肩周りの筋肉を固める」という防衛反応が備え付けてあるのです。

それによりストレスを感じると首、肩周りの筋肉が固まってしまい上記のように痛みが誘発されてしまうのです。

さらには、ぼくが指導させて頂いた過去のお客様の中では

「食いしばり」がこの緊張型頭痛の原因だったりしました。

食いしばりによって首の筋肉が固まってしまうのですね。

 

2.偏頭痛の原因

原因は明らかになっていないようですが、血管が拡張することによって痛みが誘発されるのが偏頭痛です。

緊張型頭痛とは正反対ですね。

まだ血管が拡張する原因というのは、判明されていませんが

・生活リズムの乱れ

・睡眠不足

・偏った食生活

など不健康な生活は要因の1つとして挙げられます。

女性の場合は月経と関係することもありますよね。

 

ぼくが考える本当の偏頭痛の原因

一般的には「拡張する原因は不明」となっていることが多いですが、

血管が拡張してしまう原因は、、血管が縮みすぎているから。です。

偏頭痛は、血管が拡張するから。ではなく

「拡張しすぎているから」という理由で誘発されます。

血管が縮みすぎていることにより、リラックスした瞬間に過剰に拡張されてしまうのです。

それにより偏頭痛は誘発されるのです。

 

3.群発頭痛の原因

眼の後ろ側を通っている内頸動脈が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むことが多いといわれています。

また、目のかすみや涙が出るという症状に至っては、自律神経的な問題が関与しているのです。

偏頭痛と同じように拡張によって誘発されますね。

内頚動脈というのは、首の前側を通る血管になります。

なので首の前側が硬くなっている方は誘発されやすかったりします。

 

薬では治らない!?こめかみが痛い頭痛の難点

頭を抱える女の子

 

頭痛に耐えられなくなるにつれ、病院へ行き、頭痛薬をもらい、服用すると思いますが

これでは治りません。

おそらく経験はあるともいますが、

頭痛薬を使用して一時的に頭痛は緩和するけど、また数時間後にはこめかみが痛くなる。

だから繰り返し頭痛薬を飲んでします。

 

それがこめかみが痛い頭痛の最大の特徴なのです。

こめかみが痛い頭痛の場合、

「頭痛薬 = 一時的な効果」と割り切ることがとても大切になります。

 

なぜ頭痛薬で解消しないのか?

先ほど、こめかみが痛い頭痛の特徴と原因をお話ししましたが、

その原因というのはクセになってしまっているんです。

・筋肉が固まるクセがついてしまっている。

・血管が縮まるクセがついてしまっている。

などです。

皆さんも普段から感じていると思いますが、クセってなかなか治らないですよね?

・足を組むクセ

・腕を組むクセ

・髪の毛を触るクセ

・匂いを嗅ぐクセ

など、今あなたが持っているクセってそんな簡単に治せるものではないと思います。

今回ご紹介した、こめかみが痛い頭痛はそのクセが原因で繰り返し発症します。

果たして頭痛薬を飲むだけで、そのクセというのは治ると思いますか?

 

答えは「NO」です。

なのに多くの方はクセを治そうとはせず、頭痛薬に頼ってしまうので

その結果、頭痛が治らない方が続出してしまうのです。

 

動画で解説!こめかみが痛い頭痛のセルフ解消方法

こめかみが痛い頭痛のレッスン

大切なのは、一時的な改善・解消を求めるのではなく、根本からの改善・解消を求めること。

その為に必要なことは、深呼吸ストレッチなのです。

 

まずは呼吸から正しく整える

人間というのは1日で約20,000回の呼吸を無意識に行なっています。

2万回ってかなり多いですよね。

上記で説明したクセを治すには、

・筋肉が固まるクセ

・血管が縮まるクセ

を治すには、まずはこの2万回の呼吸を整えることが最優先になるのです。

僕が今まで数多くの方の頭痛を改善してわかったことは

ストレッチや骨格調整、食生活改善を行なっても、呼吸が悪いと絶対にクセは治らない。

ということです。

なのでまずはしっかりと呼吸を出来るようにしましょう!

動画で解説をするので一緒に行なってみてくださいね♪

 

深呼吸が出来ないと全く意味がない!?確実に効果を出すためのストレッチ方法

今まで他の記事でも、ストレッチは大切!とお伝えして来ました。

これは「こめかみが痛い頭痛」に限らず、全てに共通することですが、

ストレッチを行う際に、深呼吸を行えると更に効果的!です。

なので、ただ闇雲にストレッチを行うのではなく、

まずは上記の動画で深呼吸をマスターして、そのあとにこのストレッチを行いましょう!

こちらの動画では、体のクセをなくす為に重要になる「首・肩甲骨のストレッチ」をお伝えします。

 

こめかみが痛い頭痛を解消するプログラム

ここまでどんなことをすれば、こめかみが痛い頭痛を解消することが出来るのか?

を原因からその実際の解消方法をお伝えして来ました。

ここで大切なのは、しっかりとプログラム化することです。

ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、

  • いつ?
  • どれくらい?
  • 何を意識しながら?

を決めて行うということです。

ただなんとなく行うのではなく、しっかりとプログラム化して行う事で根本から解消する事が出来るのです。

 

いつ行うのか?

原則は毎日行います。

1日2回は必ず行なってください。

タイミングは朝と夜の2回です。

朝→ 起きてガチガチの体を一度、深呼吸とストレッチでほぐしてあげる

夜→ 1日の疲れを抱えたまま寝るのではなく、深呼吸とストレッチで疲れをリセットしてあげてから寝る

 

 

どのくらい行うべき?

深呼吸&首のストレッチ&肩甲骨周りのストレッチ

この内容を1回あたり10分〜15分かけてじっくりと行うようにしてください。

ぼくのお客様の中には、自分で時間を作って毎日30分行う方もいます。

そのお客様はもう頭痛は改善しているのですが、

今では「気持ち良いし、やった方が体の調子が全然変わるからやってる」とのこと。

 

何を意識しながらやるの?

「伸びている」

「気持ち良い」

「お風呂に入ってるくらいリラックス」

あなた自身がリラックスする事が出来て、くつろげるような空間や瞬間をイメージしながら行う事が大切です。

「オバケが出るかも、、、」なんて本気で思っている時って、怖くて緊張して体はガチガチに固まって呼吸も浅くなりますよね?

それほど人間の想像力というのは体に影響をもたらすのです。

なので、「気持ちよい」「リラックスできる」「くつろげる」そんな環境をイメージしながら行うようにしてください!

 

最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

今の本国内には、こめかみが痛い頭痛で悩まれている方は4人に1人の割合で存在するのです。

1家族に1人いるくらいの割合ですよね。

そして多くの方が頭痛薬に頼りすぎているのが現状です。

ぼくは「頭痛の本当の改善方法をしっかりと理解してほしい!」と思い、活動や情報配信をしております。

 

あなたの頭痛は必ず根本から改善します。

なのでまずはこのブログ内にある、あらゆるセルフ解消法を試してみてください!

あなたが頭痛で悩み続け、これまで出来なかった事。

必ず出来るようになりますよ!!

そんな明るい希望を持って、これから上記の内容を取り組んでいきましょう♪

 

 

おすすめの記事はこちら

 

 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください