その辛さ、もう我慢するな!!その我慢が頭痛人生をスタートさせるんだ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

[voice icon=”https://motoyashikiyuta.com/wp-content/uploads/2018/08/8c7b4f6d3120dfad8218a2e6e9e8a44a.png” name=”もと” type=”l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red”]こんにちは。頭痛改善トレーナーの本屋敷裕太です![/voice]

 

我慢ってしたことありますか?

僕はたくさんあります。

食べるのを我慢したことも、遊びたいのを我慢したことも、

人に本音を言うのを我慢したことも、人前で発言するのを我慢したことも。

たくさんの我慢をしたことがあります。

 

実はその我慢があなたの頭痛を誘発させているかもしれません。

我慢をすることで体に変化が起きてしまい、その結果、頭痛が出やすい体になってしまう場合があるのです。

 

なので今回は

  • 我慢はなぜダメなのか?
  • 我慢する癖がついてしまった理由
  • 頭痛と我慢の関係
  • 我慢をなくす方法
  • 我慢しても頭痛にならない方法

についてお話をしていこうと思います!

 

我慢するコトはなぜダメなのか?

「今日から我慢することをやめてください。」

 

我慢をいている時って、どのような感情になりますか?

ポジティブorネガティブ

おそらくネガティブの方が大きいですよね。

心にずっと我慢したモヤモヤが残る。これを繰り返し生きているわけです。

 

ネガティブな状態で生活し続けるとどうなると思いますか?

→体内はどんどん悪い方向へ変化します

筋肉は硬くなり、血流は悪くなり、呼吸は浅くなり、免疫力は下がり、消化機能は低下する。

 

いいこと何一つないんです。

だから、もう今日から我慢するのやめてください。

体が持たなくなりますよ。我慢するのをやめましょう。

 

僕の知り合いはこれで適応障害になりました。

仕事中に上司からの嫌がらせに我慢し続ける。残業し続ける。

これを繰り返していたら、ある日突然、電車に乗れなくなりました。

家では元気なのに、仕事に向かおうとすると吐き気が出る。

 

このような状態になってしまったのです。

 

だからね、我慢するのはやめましょう。

 

とはいえ、そんなすぐ上手くはできないですよね。なので1つずつ解説していこうと思います。

最後には”ありのままの自分でいる勇気”が湧いてくると嬉しいです!

 

我慢する癖がついてしまう理由は「過去の経験」にあり!

我慢をするシーンは必ず存在します。それは健康な人でも同じ。

ではなぜ過剰に我慢する癖がついているのか?

それは過去の経験から癖づいているのです!

家族内の我慢

親から「〇〇しなさい!」「〇〇しちゃダメ!」

「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい!」「お兄ちゃんのようにしなさい!」

このように言われることが我慢の始まりです。

自分の意思でやりたいことをしようとするが、親に止められてしまう。

 

その結果「自分の意思で動く=怒られる」という思考が生まれるのです。

 

学生の頃の我慢

「廊下を走ったら怒られる」「テストの点数で評価される」

「部活で先輩の目を気にして何もできない」「ルールを守らないと反省文」

こんな感じで学生の頃から

「他者からの評価」で自分の価値が決まるような世界に飛び込むのです。

 

会社の我慢

会社の規則はまだいいでしょう。しかし、

「残業を断れない」「仕事押し付けられても断れない」「休みたいと言えない」

「仕事具合で評価が決まる」「上司にパワハラされても抵抗できない」

このような我慢が発生します。

 

社会人になることには、もう自分の意思なんてなくなっている方が多いです。

「自分はどうせ無理」

「やっても意味ない」

「自分の意思なんて持っても無意味」

などの思考が生まれるでしょう。

 

実は僕も我慢しすぎて限界がきたコトがある

僕も社会人1年目のときにこのような経験をしたことがあります。

社会に出るまでは好き勝手発言して、全くストレスのない僕でしたが

会社に入り、残業を毎日3〜5時間。

これを週6日行い、上司に仕事を全て押し付けられ、一度自分の意見を話したが、殴られて終わった。

この殴られた瞬間、殺意と悲しみが一気に込み上げてきました。

[voice icon=”https://motoyashikiyuta.com/wp-content/uploads/2018/08/8c7b4f6d3120dfad8218a2e6e9e8a44a.png” name=”もと” type=”l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red”]この野郎。遂に殴りやがったな。殴り返してやる。[/voice]

と思ったものの反抗する勇気もなく、

[voice icon=”https://motoyashikiyuta.com/wp-content/uploads/2018/08/8c7b4f6d3120dfad8218a2e6e9e8a44a.png” name=”もと” type=”l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red”]申し訳ありません。今後気をつけます。。。[/voice]

と全く悪くないのに謝っている自分に悲しくなりました。

 

そこで僕は限界がきて、会社から逃げました。

逃げたって聞こえが悪いですが、僕はそうは思っていません。

あの環境にいたら僕は狂ってしまいそうだったので、必死に「逃げる勇気」を持ったのです。

 

我慢することの体への影響

我慢を続けてしまうと、頭痛などの不調はもちろんのこと、依存が始まるのです。

 

自律神経が乱れはじめ、ストレスがかかりっぱなしの生活を送るので、体を休ませることができないのです。

寝ても、お風呂に入っても神経は張り詰めたまま。

休んだ気がしない。まさにこの言葉が合います。

 

自律神経の乱れについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

 

我慢を続けることでストレスが発生し続けると、

「ゆるむ、リラックスする方法がわからなくなる」という状態になり、

何をしても休むことができなくなってしまうのです。

 

当然、血流は悪くなり、筋肉は硬くなり、呼吸は浅くなるので頭痛は起こりやすくなります。

そして依存しやすくなる。

 

ゆるむ、リラックスする方法がわからなくなっている状況下で

下記をすると快楽を得てしまい、それに依存するようになってしまいます。

それは

  • 飲酒
  • 食事
  • お金を使う
  • タバコを吸う
  • 暴力を振るう
  • 異性と遊ぶ
  • クスリに手を染める

などが挙げられます。

健康とは程遠いものばかり。

我慢は体だけでなく人生そのものも壊してしまいそうですね。

なので、我慢はしないでください。

 

我慢する癖をなくし、幸せになる方法

一番早いのは「仲間」を作ること。

愚痴り合える仲間、笑いあえる仲間。さまざまな仲間がありますが、

否定することを一切禁止の褒め合える仲間を作りましょう。

 

自分の思っていることや感じていることを話して、

「それわかる!」「その考え、すごい良いね」と認めてくれる仲間を作りましょう。

大丈夫ですよ。絶対にできますから!

 

我慢する癖のある方の8割は「恐怖と不安」と戦い続けています。

だって、

自分の意見を話すのがちょっと怖いですよね?

不安な気持ちでいっぱいですよね?

 

実は僕も同じです。まだ恐怖感はあります。

でもその恐怖感って自分の中にしか存在していないわけで、周りの方にはその恐怖感は見えません。

ある意味「思い込み」なのです。

 

だからね、まずは思い切って自分の意見や考えを人に伝えてみましょう!

 

もし嫌な思いをしたら僕に連絡をください。

僕が全部聞きますよ♪

 

他にも我慢しない方法をこちらの動画でご紹介していますので是非ご覧ください。
(4分以降に方法をお伝えしています!)

[su_note note_color=”#c4fbaa” radius=”0″]

仕事をさらに加速させるための頭痛改善方法を完全無料でLINEで特別配信中!!

[colwrap] [col2]
  1. 頭痛が発生しやすくなる5つの要因
  2. 頭痛が起こってしまった時に痛みを軽減させる2原則
  3. ストレス頭痛を内側からリフレッシュする5分ケア
  4. からだの歪みを整えるセルフ調整術!
  5. 根本から頭痛を改善する3ステップ
[/col2] [col2]   [/col2] [/colwrap]

この5つの内容を無料配信することにしました。
「仕事をさらに加速させるための頭痛改善の5ステップ動画」をプレゼントします。

LINEで受け取る!!

LINE IDからのご登録は「@ogk2985h」です。

[/su_note]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください