ノルアドレナリンの効果を利用して短時間の仕事効率を上げよう!

こんにちは!もと(@motoheadache)です。

 

今回はビジネスパーソンに向けてノルアドレナリンを活用し、短時間の集中力をあげ、仕事効率を高める方法をお伝えします!

ノルアドレナリンというのは脳内物質の一つで、「闘争と逃走のホルモン」と言われたりします。

突然ですが、あなたの目の前にライオンが現れるとしましょう。
その瞬間に我々はものすごい集中力で「戦うか、逃げるか」を瞬時に判断しますよね。
この集中力がノルアドレナリンの効果です。

急にストレスを感じると分泌されるという大きな特徴があり、集中力の向上、鎮痛作用などの効果があるのです。

 

「ストレス」が集中力を高めてくれる

部活動や仕事中に顧問の先生だあったり上司の方が「コラ!しっかりやれ!」と一喝すると、
”ビシッと”気が引き締得るような経験ありませんか?

このときにノルアドレナリンは分泌されており、
うたた寝モードでのんびり仕事をしている状態から一気に集中力がアップし、結果的に良い成果を出せるようになるのです。

このようにノルアドレナリンは恐怖などのストレスによって分泌されます。
なので上司の方は部下の方に対して「叱責」や「檄を飛ばす」などを行うことで部下の方の集中力はアップします。

しかし、注意せねばならないのが何度も叱責を行うと相手は慣れてしまうということ。
慣れてしまうことで集中力がアップはしないだけでなく逆に集中力が低下してしまう場合もあるのです。

 

上司の方が何度も怒ってくるとしましょう。

上司「コラ!〇〇さん。もっとしっかり働けよ!手抜くなよ!」

部下「はい、すいません。再度、集中して取り組みます!」

通常ではこのように上司の方の叱責で集中力が増加しますが、何度も繰り返していると、

上司「コラ!〇〇さん。もっとしっかり働けよ!手抜くなよ!」

部下「また今日も怒っているな〜。反省しているフリをしておこう」

というような反応に変わるのです。

しっかりと褒めてあげることでノルアドレナリンのスイッチをオフにします。
そしてたまに叱責することでノルアドレナリンはしっかりと分泌されるようになるのです。

なので上司の方は部下の方に対して「叱責」と「褒め」をうまく使い分けるようにしましょう!

 

短期集中をしたいときにノルアドレナリンをガンガン使おう!

夏休み最終日に一気に宿題を終わらせた。
提出日の前日に一気に課題をがんばった。

こんな経験ありませんか?

このように人間は限界状況に追い込まれるとポテンシャル以上の実力を発揮し、
その反応こそがノルアドレナリンも効果の1つです。

ずっと行って来なかった宿題や課題がなぜ期限目前になると短期間で出来てしまうのでしょうか。

それはプレッシャーがかかるからです。

ビジネスシーンでも「今日中に企画書を作り上げないと、信頼を失ってしまう」などの締め切りに迫られている状態というのは、ストレスがかかっています。

このストレスによって集中力やワーキングメモリが向上することによって、短期間で作業を終えられるのです。

もし期限がない作業をしている方は自分でルールを作りましょう。
漠然と作業するのは非効率です。

この作業は〇〇までに終わらせる。とルールを決めたり、
毎週〇曜日に〇〇します!と環境を作っても良いかもしれません。

それほど締め切りに迫られるストレスというのは集中力を高めてくれるのです。

 

ノルアドレナリンとドーパミンを使い分けよう!

ここまでノルアドレナリンのメリットについてお伝えをしてきました。
ノルアドレナリンが分泌されることで集中力や注意力が向上し、モチベーションが上がり、作業効率がアップするのでしっかり利用できたら嬉しいですよね。

しかしノルアドレナリンだけでなく、ドーパミンのうまく活用できると更に良いです。

  • ノルアドレナリン・・・「恐怖」や「不快」「怒られること」を避けるために頑張る
  • ドーパミン・・・「楽しい」「褒められる」「ワクワク」「ご褒美」などを得るために頑張る

それぞれのモチベーションの上がり方は「避けるため」「得るため」の違いがあります。

 

長期的な集中にはノルアドレナリンは使うのはダメ

先ほど締め切り期限を設けてストレスを感じるようにし、短期集中させるという方法をお伝えしましたが、
長期的にこの手法をおこなうのはオススメしません。

むしろやめてください。

ノルアドレナリンはストレスによって分泌するとお伝えしました。
それはあくまでも短期間だからOKなのです。

仮に長期間ストレスを与え続け、ノルアドレナリンを分泌させ続けるとどうなるでしょうか?
ノルアドレナリンが枯渇し、分泌しなくなってしまうでしょう。

「避けるため」に頑張り続けてしまうとうつ病になってしまう方もいます。
そのためストレスを与え続けるのは長くても1ヶ月にし、それ以降は仕事の効率も下がるため、オススメはできません。

そのため、しっかりとドーパミンも分泌させながらモチベーションをあげましょう。

 

ドーパミンは「得るため」にモチベーションが上がる

「楽しい!」「褒められたい!」「ご褒美が欲しい!」「達成したら〇〇になれる!」
といった得るためにモチベーションが上がり、行動力や集中力が高まるのがドーパミンの大きな特徴です。

さらにはドーパミンモチベーションは目標達成をすると、
「次はもっと良い成果が欲しい!」というようにすぐ次の目標ができ、行動に移しやすいのです。

逆にノルアドレナリンだとどうでしょう。

避けるためのモチベーションなので、
「ふぅ、怒られずに済んだ…」という感情の後にモチベーションが上がり、行動できるでしょうか?

ちょっと難しいですよね。
なので短期的な集中にはノルアドレナリンで良いですが、長期的な目標はドーパミンを活用しましょう。

ドーパミンに関する記事はこちら

【ドーパミン分泌】で業績を300%上げる!7つの目標達成ステップ

2018.11.07

 

「楽しいから休みはいらない!」これは思い込み

脳に対してストレスが長期間かかり続けると、ノルアドレナリンが枯渇します。
大切なのは休むことです。

ストレスというと悪いイメージがありますが、精神的な緊張はすべてストレスに分類されます。

注意する。意識する。頭に置き続ける。
これらはすべてワーキングメモリを使っている状態です。
常に脳が仕事のために働き続けるのです。当然、ノルアドレナリンは分泌し続けるので、そのうち枯渇するでしょう。

仕事をするときには「緩急」をつけましょう。
月〜金までは常に仕事のことを考えても良いですが、土曜日・日曜日は徹底的に休む。

そうすることで、しっかりと仕事の時にノルアドレナリンが分泌され、集中率や作業効率が上がるのです。
しっかりと休み、ノルアドレナリンを分泌させる方法を2つご紹介したいと思います。

 

①休みの日はスマホの電源オフ!

これは僕もよくありがちでしたが、常にメールであったり、SNSをチェックしてしまう。
「SNS更新しなきゃ」「上司からの連絡にすぐ返せるようにしなきゃ」
と30分おきにスマホを見ていませんか?

このように思い続けているだけで、もうストレスなのです。
さらにはスマホを使うだけでも脳は疲労しますので悪しかない。

仕事のスイッチをオフにするには、まずはスマホのスイッチをオフにしましょう。

家族の方も喜んでくれますよ。

 

②食事を正常化しよう!

ノルアドレナリンを分泌させるには食事も大切になります。

「フェニルアラニン」という必須アミノ酸と「ビタミンC」が重要であり、
これらが不足してしまうと、ノルアドレナリンは分泌されにくくなってしまいます。

この2つの栄養素が多く含まれている食材は下記の通りです。

  • フェニルアラニン・・・肉類、魚介類、大豆製品、かぼちゃ、乳製品、チーズ、卵、ナッツ類など
  • ビタミンC・・・パセリ、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、レモン、いちご、グレープフルーツなど

正しくノルアドレナリンを分泌させる食事は特別なものを摂取するのではなく、普通の一般的な食事で摂取するができるのです。

規則正しく1日3食、バランスよく食べることを心がけましょう!

 

仕事をさらに加速させるための頭痛改善方法を完全無料でLINEで特別配信中!!

  1. 頭痛が発生しやすくなる5つの要因
  2. 頭痛が起こってしまった時に痛みを軽減させる2原則
  3. ストレス頭痛を内側からリフレッシュする5分ケア
  4. からだの歪みを整えるセルフ調整術!
  5. 根本から頭痛を改善する3ステップ
   

この5つの内容を無料配信することにしました。
「仕事をさらに加速させるための頭痛改善の5ステップ動画」をプレゼントします。

LINE IDからのご登録は「@ogk2985h」です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本屋敷裕太(もとやしきゆうた)

頭痛ストレスのない生活作りをお手伝いする「頭痛改善のプロ」 10年来の頭痛を薬やサプリを一切使わず、骨格から変えることでカラダを確実に変化させることを実現させる。 旅行と食べることが大好きです♪