"クタクタに疲れやすい体質"を解消するセミナー開催中!(クリックで飛べます)

リーダー向け!今日から実践できる「一流の体調管理術」をおぼえるべし。

今回は、

リーダー向け!一流の体調管理術についてです。

近年、ビジネスパーソンに必要な能力の1つとして「体調管理」が挙げられるようになりました。

 

特にリーダー層、経営者にとって体調管理は欠かせないものです。

自分の体調管理だけでなく、部下の体調管理も大切ですよね。

 

いつでもどこでも生産性の高いカラダつくりが必要な理由。

そして簡単にできる「体調管理術」について説明していきます。

成功する経営者・リーダーは体調管理が生産性向上に繋がることを知っている

成功する経営者・リーダーは体調管理が生産性向上に繋がることを知っています。

そして実践しています。

1日8時間の仕事をだらだらとこなすのか、全力で取り組めるのか?

1ヶ月後には生産性や成果に大きな差が開くはずです。

 

これがリーダーだけでなく、部下の80%が体調管理ができておらず、だらだらと取り組んでいたら?

1ヶ月後の成果が恐ろしいですよね。

 

このように体調管理とビジネスの生産性というのは密接な関係にあります。

それを理解しているリーダーや経営者は常にハイパフォーマンスで取り組み、成功する。

まったく理解せず、体調管理はそっちのけで仕事だけしているリーダーや経営者は、いずれか崩れ落ちるのです。

これが一流と二流、三流の差となるのです。

 

一流のリーダーは、体調管理をし、いつでもハイパフォーマンス。

二流のリーダーは、体調が安定せず、50%〜100%のパフォーマンスを繰り返す。

三流のリーダーは、体調が悪く、いつでも50%のパフォーマンス。

そのモチベーションの低さは「体調不良」からきている

リーダーや経営者に欠かせないもの、それは「モチベーション」です。

常に高い目標を持ち、行動し続けることができるのか?

あるいは、

日々の中でモチベーションが低下したり、向上したりの繰り返しで仕事をするのか?

当然、そのモチベーションが仕事の生産性や成果に影響しますよね。

 

では、そのモチベーションの上げ下げはどこから発生するものなのか?

それが「体調不良」です。

体調がメンタル状態を左右する

デスクワーク中、本来であれば長時間集中し続けることができるはずです。

しかし、頭痛や肩こりによって体が悲鳴をあげ、集中が切れてしまいます。

そのような状態で無理やり仕事を続けようとするとどうなるか?

ストレスが蓄積されてしまいます。そのストレスが蓄積され続けることで

自律神経が乱れ、頭痛が続くようになり、慢性疲労が寝ても寝ても抜けないカラダになってくるのです。

 

そんな状態で高いモチベーションで仕事ができるでしょうか?

難しいですよね。すぐにイライラします。

 

このように体調管理ができていないことで、モチベーションが低下し、

仕事の生産性&成果が低迷してしまうのです。

そのため、仕事の生産性向上のために体調管理を覚えましょう!!

リーダー必須!「一流の体調管理術」

1:早朝と寝る前にストレッチをする

ストレッチはリラックス効果があり、血流を促進する役割があります。

血流が良くなるので脳へ血液が行き渡り、頭が冴えることで集中力の向上が期待できます。

ストレッチを行うタイミングは

  • 起床時や仕事前
  • 仕事後や就寝前

が理想的です。

仕事前に脳を活性化させ、仕事後にはしっかり休ませてあげる。

仕事のスキマ時間にも行えるとさらに効果を期待できます。

 

 

2:トレーニングやジョギングをする

トレーニングには筋力向上というメリットがあれば、

ジョギングには体力向上というメリットがあります。

また、老廃物を除去してくれるので、疲労回復しやすく、疲れにくいカラダが手に入ります。

今回は初歩的なトレーニングである、スクワットをご紹介します。

 

3:暴飲暴食をしないこと

暴飲暴食をしてしまうと、内臓疲労が起こり、疲れが抜けにくくなってしまいます。

朝起きて胃もたれがあったり、寝た気がしないなどの体調の悪さが出てしまうので暴飲暴食には注意しましょう。

 

飲み会などでお酒をたくさん飲む場合は、お酒と同量の水を摂取するように心がけましょう。

 

頭痛の経済損失は6,000億円!?

頭痛によって、仕事を欠席してしまう日数をご存知ですか?

偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛によって日数は変化しますが、

頭痛持ち一人当たり、

  • 偏頭痛・・・25日
  • 緊張型頭痛・・・90日
  • 群発頭痛・・・45日

このくらいの日数を欠席していることになります。

それにより、国内の経済損失が6,000億円になるのです。

 

世界的に有名なCEOの朝は早い

世界のCEOの朝をご存知ですか?

 

我々にとって、早朝6時という時間帯は「早起きする時間帯」ですが

その頃、世界のCEOとして活躍している方々はすでに活動している時間なのです。

スター・バックスのCEOである、ハワード・ショルツ氏は毎朝4時30分に起床し、その頃には会社に出社しています。

また、同じく4時30分に起きるアップルのCEO、ティム・クック氏は部下にメールで指示をし、

ナイキのCEO、マーク・パーカーは1時間ほどの運動を終えています。

このように成功するリーダー・経営者は健康的な日々を送っているのです。

 

少しずつ、リーダーとしての体調管理術を実践していきましょう!

 

仕事をさらに加速させるための頭痛改善方法を完全無料でLINEで特別配信中!!

[colwrap] [col2]
  1. 頭痛が発生しやすくなる5つの要因
  2. 頭痛が起こってしまった時に痛みを軽減させる2原則
  3. ストレス頭痛を内側からリフレッシュする5分ケア
  4. からだの歪みを整えるセルフ調整術!
  5. 根本から頭痛を改善する3ステップ
[/col2] [col2]   [/col2] [/colwrap]

この5つの内容を無料配信することにしました。
「仕事をさらに加速させるための頭痛改善の5ステップ動画」をプレゼントします。

LINEで受け取る!!

LINE IDからのご登録は「@ogk2985h」です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください