正しい「昼寝」「仮眠」を行い、集中力アップさせよう!

神奈川(横浜市)、東京(目黒、不動前)で活動している パーソナルトレーナーの本屋敷裕太です!

今回のテーマはお昼寝です。

仕事を頑張ってお昼休み後の14:00頃に睡魔が襲って来る方は多いのではないでしょうか?

そのような時に昼寝はした方が良いのか?しない方が良いのか?

仮にするなら昼寝に適した時間はどのくらいなのか解説していきます!

昼寝ビジネスマン

 

平日は仕事や趣味、友達と遊ぶために睡眠時間を削り、休日は爆睡して睡眠不足を取り戻している。

こんな人が多いのではないでしょうか。

ところが、このような不規則な睡眠時間を長く続けていると、身体のリズムが狂ってしまい体調不良になる危険があります。

当然、仕事を頑張るなんて無理な話ですよね。

睡魔と戦いながらする仕事ほど辛いものはありません。

睡眠時間を増やして睡眠不足を解消!

本来であれば睡眠時間を増やして睡眠不足を解消することが理想です。

朝早く起きて、がっつり働いて22時頃には、遅くても23時には寝る。

こんな生活を行えたらベストだと思います!

しかしなかなかそうはできませんよね。

お仕事が夜遅くまであったり、育児がある為に睡眠時間を確保できなかったり。

だからこそ、「睡眠時間を増やして睡眠不足を解消!」

という選択肢ではない方法も考える必要があるのです。

 

そんな時にオススメなのは、昼寝(仮眠)です。

昼寝(仮眠)がオススメな理由

大きな眠気のピークは、午後2~4時頃に来ます。

この午後の眠気のピークにハマってしまうとと、

眠たいだけでなく、当然、仕事や勉強などの能率が落ちてしまいます。

「頑張りたいのに、頑張れない」という状態になってしまうのです。

午後の仕事効率を落とさず、逆に頭をスッキリさせて仕事の生産性UPにも昼寝(仮眠)は超大切!と言えます。

今回は平日の習慣にオススメな「パワー・ナップ」と、

休日にオススメの「ホリデー・ナップ」についてご紹介します。

平日の習慣にしたいオススメの20分仮眠「パワー・ナップ」

仮眠の基本的なルールは、

正午から午後3時までのあいだに、20分の昼寝(パワー・ナップ)をするです。

2014年に厚生労働省が発表した「睡眠12箇条」でも、

午後の作業能率を向上させる為に、短時間の昼寝を推奨しているのです。

「睡眠12箇条」とは?

睡眠が大切な理由やその為にするべきことが記載されている厚生労働省が発表したもの。

 

午後の仮眠は、その日の夜の睡眠の先取りになります。

だから遅い時間に仮眠をとると、夜の睡眠に悪影響が出てしまいまうのです。

「昼間寝すぎて、夜眠れない、、、。」なんてことありますよね?

なのでパワー・ナップは、夕方より前に終えましょう!

短時間の仮眠は、あまり眠りが深くならないうちに目覚めたほうが良いので、

若者なら20分、高齢者では30分が最適です。

忙しいならカフェインでしっかり覚醒しよう!

経営者や起業家のビジネス・パーソンは昼休みが終われば、昼寝どころではないですよね。

なので、昼休みは早めにお弁当を食べることをオススメします。

(どか食いは注意です)

さらにコーヒーや紅茶、緑茶などでカフェインをとってから、後半に20分の昼寝をするのが一番可能な方法かと思います。

パワー・ナップ仮眠の前にカフェインをとると、

カフェインは効果が現れるまで15分〜1時間かかるので、

目覚めるころにカフェインの覚醒効果があらわれて、スッキリと目が覚め、

頭がすっきりした状態でお仕事に取り組むことができるのです!

 

休日は少し長めの90分仮眠「ホリデー・ナップ」

 

 

上記では若者で20分以上、高齢者でも30分以上眠るとお伝えしました。

それ以上寝てしまうと、脳が深い眠りに入ってしまいます。

それだと平日は仕事が出来なくなってしまいますよね。

そのため、平日の仮眠は20分(高齢者では30分)以内にすることが大切です。

しかし、それだけでは平日の睡眠不足が解消されないという場合があります。

 

そういう場合には!休日に90分の仮眠(ホリデー・ナップ)をとりましょう。

90分は、レム睡眠やノンレム睡眠の関係でちょうど目覚めやすい時間なのです。

ただし、遅い時間帯に仮眠すると、夜の睡眠に悪影響が出るので、午後3~4時までには起きてください。

まとめ

一流のビジネスパーソンは昼寝・仮眠を取っている!!

正午から午後3時までのあいだに、20分の昼寝(パワー・ナップ)をする

休日に90分の仮眠(ホリデー・ナップ)をする

遅くても15時〜16時までには起きる!

 

これを意識して仮眠を取り入れてみましょう!

 

 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本屋敷裕太(もとやしきゆうた)

頭痛ストレスのない生活作りをお手伝いする「頭痛改善のプロ」 10年来の頭痛を薬やサプリを一切使わず、骨格から変えることでカラダを確実に変化させることを実現させる。 旅行と食べることが大好きです♪