頭痛薬は〇〇時〇〇分に飲むのが理想的!?

 

神奈川(横浜市)、東京(目黒、不動前)で「頭痛」の改善をしている パーソナルトレーナーの本屋敷裕太です!

 

僕はこれまで頭痛薬は飲むのをやめよう!とお伝えしてきましたが、

もし飲む場合、どのタイミングで飲むのが理想的なのか?

本来、飲んで欲しくない。というのが本音ですが、どうせ飲むなら効果的な飲み方をしてほしい!と思うのでお伝えします。

 

頭痛薬はなぜ効くのか?

頭痛薬ってどうして飲んでお腹に入るのに、頭痛に効果があるの?

と疑問に思う方は多いのではないでしょうか?

頭痛薬に限らずお薬というのは、飲み込んだ後、胃に入り小腸に流れ込み、

そこで血液中に溶け込んで頭まで運んでくれるのです。すごいですよね。

とあるブログでは血液中の消防車という表現をしておりましたが、まさにその通りです。

血管という道を走り抜けて、頭に到着したら薬剤という水を浴びせて頭痛を消火する。

(そもそも、すごい血流が悪い人は効果を得られにくい)

 

頭痛薬の効果は2種類ある!

薬には2種類の効果があります。

・原因療法薬

・対症療法薬

 

そして薬が効いたということには、2つの意味があります。

薬が病気の原因そのものを取り除くことができた場合と、病気の症状を抑えた場合です。

原因そのものを取り除くことを原因療法、症状を抑えるだけを対症療法といいます。

現在世の中に出回っている多くの薬は、病気の症状を抑える対症療法薬です。

たとえば、頭痛の原因は血流や筋肉の緊張ですが、頭痛薬はそこではなく、ただ痛みを取り除いてくれるだけです。

 

なので頭痛薬で根本改善は難しい。ということをはじめに理解しましょう!

 

頭痛薬を飲む時間は「いつ」が理想的?

 

引用:株式会社 第一薬局様より

これは病気の種類によって「発症しやすい時間帯」を表しているデータです。

このデータを見てみると、6時に「偏頭痛」が書いてありますよね。

つまり、朝の6時頃に偏頭痛の発症が多いということ。

 

このように人間には体内リズムのように症状が発症するリズムが存在するのです。

もちろん「私は6時に偏頭痛が起きない」なんて方もいるので、個人差ありきです。

 

頭痛薬の最大の問題は大量摂取!

頭痛薬を日常から使用されている方の問題点は1つ。

飲みすぎてしまうということ。

おいおい、そんな飲んで大丈夫かよ、ってくらい飲んでしまいますよね。。

でも痛いから仕方ないんです。

僕の知人も数時間に1回は必ず飲んでました。痛み出ては飲んでの繰り返しです。

 

だからこそ、効果的な飲み方をして大量摂取を控えるようにしましょう!

その方法が先ほどのデータです。

朝の6時に症状が出やすい偏頭痛。→ その時間帯に頭痛薬を飲めば良い。

ということ。

それぞれ症状が悪化する時間帯に頭痛薬を服用することで、余計な使用を減らし大量摂取を抑える事が出来るのです。

 

でも本屋敷は皆さんには根本改善をして頂きたい。。。

ここまで頭痛薬についてお伝えしましたが、でもやっぱり根本から頭痛を解決して

頭痛のない生活を手に入れて欲しいと願います。

あなたでも絶対に根本から改善は出来るので、諦めないでくださいね♪

 

 

 

仕事をさらに加速させるための頭痛改善方法を完全無料でLINEで特別配信中!!

  1. 頭痛が発生しやすくなる5つの要因
  2. 頭痛が起こってしまった時に痛みを軽減させる2原則
  3. ストレス頭痛を内側からリフレッシュする5分ケア
  4. からだの歪みを整えるセルフ調整術!
  5. 根本から頭痛を改善する3ステップ
   

この5つの内容を無料配信することにしました。
「仕事をさらに加速させるための頭痛改善の5ステップ動画」をプレゼントします。

 

 

 

 

偏頭痛や緊張型頭痛、そして群発頭痛など様々な頭痛があると思いますが、

なぜ頭痛が起こるかご存知ですか?

 

・ストレス

・筋肉の緊張

・酸欠

など様々ありますが、頭痛薬に頼り続けるばかりではなく、根本から頭痛を無くしたい!

と思う方は、上記で説明した原因療法を行う必要があります。

だからこそ、なぜ頭痛が起こるのか?を明確に理解する必要があるのです。

あなたが持っている頭痛の種類、その原因はこの記事から確認する事が出来るので、ぜひ一度お読みください♪

こめかみが痛い頭痛の原因と誰でもできる簡単解消方法!

 

いやいや、私は頭痛薬飲み続けます!という方。

それもあなたが望むのであれば全然アリだと思います。

しかし、頭痛薬を飲み続けるから発症する「薬物乱用頭痛」という症状があるのはご存知ですか?

一応、この頭痛を理解した上で頭痛薬を飲み続けるようにしましょう!

頭痛薬を飲みすぎても頭痛は起こる!?|薬物乱用頭痛とは?

 

まとめ

今回の記事では

・頭痛薬には、原因療法と対症療法の2つがある。

・偏頭痛は朝6時に発症率が高いから朝6時に飲もう!

・どんな頭痛も必ず、根本から改善できる!

・薬の飲みすぎによる「薬物乱用頭痛」には注意しよう。

についてお伝えしました。

あなたの頭痛改善を応援しています♪

一緒に解決していきましょう!!

 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

本屋敷裕太(もとやしきゆうた)

頭痛ストレスのない生活作りをお手伝いする「頭痛改善のプロ」 10年来の頭痛を薬やサプリを一切使わず、骨格から変えることでカラダを確実に変化させることを実現させる。 旅行と食べることが大好きです♪