"クタクタに疲れやすい体質"を解消するセミナー開催中!(クリックで飛べます)

会社の「成長戦略」には”頭痛ゼロマネジメント”が必須になる理由。

会社の業績や生産性をさらに向上させるために欠かせない『成長戦略』

そんな会社の成長戦略にはいくつか成長させる項目があります。

  • 売上の成長戦略
  • 利益の成長戦略
  • 認知度の成長戦略
  • 評判の成長戦略

などの会社の成長戦略が存在する中で、

リーダー層や従業員の頭痛をなくし、一人一人の生産性を向上させる成長戦略

についてお話をしていきます。

 

今回、ご紹介するのは

会社内の頭痛によってパフォーマンスが落ちてしまっているリーダーや従業員をゼロにして会社全体の生産性を向上させる

という方法です。

頭痛で仕事を120%のパフォーマンスで頑張れない!

そんな悩みを解決するための

「頭痛ゼロマネジメント」について説明していきます。

 

会社の成長戦略に欠かせないもの。それは「従業員のパフォーマンス」

会社がさらに向上するために必要な成長戦略。

その戦略を実行するのは誰でしょうか?

それは社長でもあり、リーダーでもあり、従業員でもあります。

その中でも割合的に従業員が会社内で一番人数が多いですよね。

つまり従業員の質が会社の成長戦略の成果における鍵を握るわけです。

 

「この成長戦略なら、一気に我が社は成長する!」

そんな思いも、従業員が頭痛持ちが多ければ、仕事のやる気が起きず、会社は成長しません。

頭痛ゼロのハイパフォーマンス集団が会社の成長戦略を成功に導く

「最高の従業員」と「普通の従業員」どちらの方が成長戦略に貢献するか?

ここで一度考えてみましょう。

もし、あなたの部下全員が常に120%のパフォーマンスで仕事を取り組める最高の従業員だとしたら

3ヶ月後、6ヶ月後、1年後の業績はどのように変化しそうですか?

 

あるいは、

あなたの部下全員が頑張れる時もあれば、頭痛で頑張れない時もある普通の従業員だとしたら

3ヶ月、6ヶ月後、1年後の業績はどのように変化しそうですか?

 

もし、「最高の従業員」と「普通の従業員」で業績が変わらないのであれば、

パフォーマンスなど気にしなくとも良いでしょう。

しかし、業績や生産性が大きく変化するようなら、

いち早く、従業員の体調管理をパフォーマンスアップを成長戦略の中に取り入れるべきです。

 

リーダー層が頭痛なら部下の生産性が落ちる

経営者やリーダーが頭痛を抱えていたら部下の生産性は低下します。

上に立つ人が体の調子が悪そうに働いていては、その場が引き締まらないですよね。

 

「経営者やリーダーの姿は部下の鏡となる。」

 

リーダーが疲れていれば、部下も疲れやすくなる。

リーダーが頭痛で頑張れないなら、部下も頑張れない。

リーダーが頭痛でイライラするなら、部下もイライラする。

まさにリーダーの姿というのは、部下の鏡なのです。

 

なので社長、リーダークラスの方々は常時ハイパフォーマンスな状態でいる必要があるのです。

関連記事のIDを正しく入力してください

 

会社全体の25%が頭痛によってパフォーマンスが下がっている。

頭痛を持っている人は国内で3,000万人。

つまり国民の約4人に1人の割合です。日本人口の約25%が頭痛に悩んでいるのです。

会社で置き換えてみると、

社員の25%は頭痛に悩み、仕事のパフォーマンスが低下している状態。

 

そのような状態で本当に成長戦略はうまくいくのか?

正直、難しいです。

頭痛を解消し、パフォーマンスを向上させることが会社の成長戦略を成功させるために一番効率の良い方法なのです。

 

そんな頭痛持ちをゼロにする「頭痛ゼロマネジメント」

どのように取り組むべきなのか?

会社の成長戦略にオススメしたい『頭痛ゼロマネジメント』

実際に私が担当する企業様で、行っていただいている内容をお伝えします。

ポイントは「5人以上でやる」ということ。

マネジメントするのであれば、5人以上巻き込むことでどんどんその輪が広がり、社内全体に広がるようになります。

4人以下だと、だらだらして終わってしまって場合が非常に高いので5人以上を心がけましょう。

 

方法1:会社内の全員に体に関するアンケートを取る。

まず、リーダー層から従業員まで体にどのような不調があるのか?を把握しましょう。

体が悲鳴をあげている人もいれば、全く問題ない人もいるので、

  • 誰が?
  • どんな症状(頭痛・肩こり・慢性疲労・不眠など)を持っているのか?

を把握できたらベストです。

 

方法2:始業時刻の前、終業時刻のあとにグループケア時間を作る。

仕事が始まる1時間前や終了後くらいに集まり、参加者でケアの時間を設けます。

行う内容は、

「ストレッチ」と「深呼吸」

ストレッチで筋肉の緊張をほぐし、深呼吸でリラックスしやすい状態を作ります。

このケアを行うことで、頭に酸素や血流が入ることで脳が活性化し、

始業前にはパフォーマンスアップ、終了後には疲労回復に繋がります。

 

深呼吸はこちらの動画を参考にしてください。

 

ストレッチはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事のIDを正しく入力してください

 

定期的にトレーナーに来てもらう。

余裕のある方は外注として専門家を呼びましょう。

ビジネスと同じように、知らない分野はその分野のプロに依頼するのが一番成果が出ますよね。

成長戦略のために頭痛ゼロマネジメントをする場合は外注をオススメします。

本屋敷への依頼はこちら→お問い合わせ

まとめ

会社の成長戦略に欠かせないものは、頭痛ゼロマネジメント。

リーダー層の頭痛などのパフォーマンス低下は部下にも影響が出るため、リーダー層は常にハイパフォーマンスでいなければならない。

 

会社の25%は頭痛持ちであり、従業員のパフォーマンスが成長戦略の成功の鍵を握っているので、

即座に頭痛ゼロマネジメントを行うべき。

 

方法は、

  • 社員へヒアリング。
  • グループケアをする。
  • 専門家に外注する。

ぜひ、実践してくださいね!

 

仕事をさらに加速させるための頭痛改善方法を完全無料でLINEで特別配信中!!

[colwrap] [col2]
  1. 頭痛が発生しやすくなる5つの要因
  2. 頭痛が起こってしまった時に痛みを軽減させる2原則
  3. ストレス頭痛を内側からリフレッシュする5分ケア
  4. からだの歪みを整えるセルフ調整術!
  5. 根本から頭痛を改善する3ステップ
[/col2] [col2]   [/col2] [/colwrap]

この5つの内容を無料配信することにしました。
「仕事をさらに加速させるための頭痛改善の5ステップ動画」をプレゼントします。

LINEで受け取る!!

LINE IDからのご登録は「@ogk2985h」です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください