"クタクタに疲れやすい体質"を解消するセミナー開催中!(クリックで飛べます)

上司にむかついても余裕でリフレッシュできる!頭痛ゼロを作る3つのコツ!

[voice icon=”https://motoyashikiyuta.com/wp-content/uploads/2018/08/8c7b4f6d3120dfad8218a2e6e9e8a44a.png” name=”もと” type=”l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red”]こんにちは。頭痛改善トレーナーの本屋敷裕太です![/voice]

 

「なんでお前はこんなことも出来ないんだ!」

「あれもう終わったか?まだ?遅いだろ!」

全く自分は悪くないのに八つ当たりのように怒られる。

という理不尽なことが多い社会。

 

仕事中に上司に嫌なことを言われたり、パワハラ的なことをされる。

その結果、ストレスが物凄い溜まり、仕事の最中や終わった直後に頭痛が起きてしまう。

それにより更にストレスが溜まる。イライラが悪化して頭痛が治らない。

こんな経験ありませんか?

 

これ超辛いですよね。

僕も経験があるのですごいわかります。

 

どんだけ上司に理不尽な怒られ方をしてもストレスが溜まっても頭痛が出ない。

このような状態作れたら最高ですよね。

 

なので上司に対してイライラしても、頭痛が出ない!という最高の状態を作るために、

ストレスのたまらない、リフレッシュできる3つのコツを覚えましょう!

 

 

  • なぜ上司にイライラすると頭痛が起きるのか?
  • 上司の理不尽行為はもう諦めろ!こっちが変わるんだ!
  • 仕事中にどうやってリラックス状態を作るのか?
  • リフレッシュに必要な3つは「運動」「ストレッチ」「深呼吸」

 

についてお伝えします!

 

なぜ上司にイライラすると頭痛が起きるのか?

 

なぜ上司の理不尽な発言や行動にイライラをすると頭痛が出てしまうのでしょうか?

これは上司に対しての過剰なストレスが原因で、呼吸が浅くなったり、血流が悪くなったりするからです。

それにより頭痛が出てしまいます。

 

ストレスで血流が悪くなったりする理由はこちらで詳しく記載しています。

関連記事のIDを正しく入力してください

 

しかし、あなたは1日の中でストレスやイライラするシーンというのは日常の中で出てきますよね。

そのときは頭痛は出ません。

なぜか?

それはストレスのレベルが違うからです。

大切なのは「過剰なストレス」によって頭痛が出るということ。

 

日常生活ではストレスレベルは10くらいだけど、

上司の理不尽さによってそのストレスレベルが瞬時に100まで上昇するため、

頭痛という反応が出てしまうのです。

 

僕の過去はストレスレベル常に100だった

僕が会社員の頃は先輩上司に、

命令通りに動いて、「自分で考えろ」と怒られ、

自分で考えたら「命令通りに動け」と怒られ、

相談をしたら「相談するな」と怒られ、

相談しないと「相談しろ」と怒られ、

八つ当たりされる毎日でした。(ロッカールームで殴られたこともある)

 

こんな生活を繰り返しているうちに、誰を信じれば良いのかわからなくなり、

一人で抱え込み、ストレスレベル100だったので肩こりや頭痛が物凄い続いていました。

 

上司の性格を変えることは大変。だからこっちが変わるのが手っ取り早い。

残念ながら現実として理不尽は上司はなかなか性格が治りません。

だってそれで何年も生きてきて、その仕事のスタイルで過ごしているワケなので

「その理不尽さ、どうにかなりませんか?」

「別の言い方できませんか?」

とか言ったところで敵討ちにされてしまうだけです。

 

ちなみに僕は、

[voice icon=”https://motoyashikiyuta.com/wp-content/uploads/2018/08/8c7b4f6d3120dfad8218a2e6e9e8a44a.png” name=”もと” type=”l icon_black/icon_blue/icon_yellow/icon_red”]僕は言われた通りに行動して、怒られているのですが、じゃあ今後どう行動すればいいか教えていただけますか?[/voice]

と聞いたら殴られましたw

このような感じで上司はあらゆる手を使って”自分を正当化”してきます。

かなり手強いですよね。

立ち向かうだけでストレス溜まるので、もう我々が変わりましょう。対策を練りましょう。

(もちろん、話し合えて上司のやり方が変わるのが一番理想です)

 

理不尽な上司ストレスをフリーにする「3つの対策案」はこれだ

1:「上司=理不尽な自分を正当化したがる人」と認めること

上司から理不尽なことをされたときにどんなことを思いますか?

「なんで自分ばかり、、」「また怒られたよ」

など思いますよね。

それすごい無駄です。

 

だって何したって上司の方は理不尽なことをしてくるので、

「上司=理不尽な自分を正当化したがる人」と認めちゃいましょう!

 

もうね、仕方ないんですよ。

上司も何かにストレスを感じていて、その吐きどころがないから部下に、あなたに八つ当たりをする。

だからもう、上司はそういう人。と思うようにしましょう。

もちろん自分が悪い時はしっかり反省してくださいね!!

 

2:上司の愚痴の吐きどころを作る

愚痴の吐きどころを作ってください。

愚痴を話すだけの場は良くないですが、溜め込むよりマシです。

 

自分の思いを共感してくれる人、アドバイスくれる人、話を聞いてくれる人、笑いあえる人

そのような人と会って会話をして、そのストレスの解放場所を作りましょう。

 

3:上司ストレスが溜まりそうな時に自らリフレッシュする術を学ぶ

自分でリフレッシュする術を覚えましょう!

これさえ覚えれば、自分で血流を良くすることができ、筋肉の緊張も緩和されるので

  • いつでもリフレッシュできる
  • 上司のことを気にせず仕事に取り組める。
  • いつでもハイパフォーマンスで過ごせる

という状態を作ることができます。

なのでこの方法はこれからご紹介しますので必ず覚えてくださいね!

 

リフレッシュするには「運動」「ストレッチ」「呼吸」の3つが最強!

リラックスするためには、ストレッチと呼吸をすることが一般的ですが、今回は運動もご紹介します。

なぜこの3つが必要なのか?

深呼吸でリラックスし、ストレッチで筋肉をほぐす。

これが理想ですが、中にはリラックスが苦手な方がいます。

そのような方に是非、運動を行って頂きたいのです。

運動のポイントは

疲れるまで運動しろ。

です。

 

疲れた後って自然と脱力になりますよね。

これを利用しましょう。

 

運動をする→脱力する→深呼吸する→ストレッチする。

この流れを行うことで、リフレッシュすることができるのです!

なのでこの流れをルーティン化し、日々の仕事終わりとかに実践しましょう!

 

また、仕事中にリラックスをしたい方は

深呼吸→ストレッチ の流れのみで大丈夫です!

上司にバレないようにこっそりおこなってくださいね♪

 

オススメな運動はこれ!

スクワット:下半身を鍛えるトレーニングです。

スクワットをするだけで色んな筋肉を同時に使うのでしっかり疲れやすい種目です!

 

腕立て伏せ:上半身の胸や肩、二の腕を鍛える種目です。

ちょっとレベルが高いのでできる範囲で行ってみましょう!

 

ラットプルダウン:背中のトレーニングです。

猫背が気になる方には効果が期待できるトレーニングですよ!

 

おすすめストレッチはこれ!

肩こりや頭痛の方には必ずご紹介する、

肩甲骨と首を伸ばし、劇的効果を得られるストレッチです!

 

おすすめ深呼吸はこれ!

胸式呼吸や腹式呼吸.さまざまな方法がありますが

まずは「大きく吸って気持ちよく吐く」これだけで大丈夫!

 

まとめ

理不尽上司にストレスが溜まりすぎると過剰ストレスとなり、頭痛が発生しやすくなる。

だからこそ、自分でリフレッシュできる術を覚えよう!

 

その方法は、

「運動」「ストレッチ」「呼吸」です。

 

疲れるまで運動して脱力する。

そのあとに深呼吸をし、ストレッチをする。

 

この流れでセルフリラックスができるようになりましょう!!

関連記事のIDを正しく入力してください

 

仕事をさらに加速させるための頭痛改善方法を完全無料でLINEで特別配信中!!

[colwrap] [col2]
  1. 頭痛が発生しやすくなる5つの要因
  2. 頭痛が起こってしまった時に痛みを軽減させる2原則
  3. ストレス頭痛を内側からリフレッシュする5分ケア
  4. からだの歪みを整えるセルフ調整術!
  5. 根本から頭痛を改善する3ステップ
[/col2] [col2]   [/col2] [/colwrap]

この5つの内容を無料配信することにしました。
「仕事をさらに加速させるための頭痛改善の5ステップ動画」をプレゼントします。

LINEで受け取る!!

LINE IDからのご登録は「@ogk2985h」です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください