「今すぐ休もう!」ぐったり疲れが全く回復しない慢性疲労の正体とは?

神奈川(横浜市)、東京(目黒、不動前)で

「頭痛」の改善をしている パーソナルトレーナーの本屋敷裕太です!

 

「なんだか最近、疲労が抜けないな」

「家帰ったらお風呂入りたいのにソファーで寝てしまっている」

「せっかくの休日が疲れが抜けず何もせず終わってしまう」

こんな状態の働きマンは多く存在します。

もっと悪い状態だとこれに加えて、頭痛が起こる、寒気がする、痙攣するなど

普段の日常生活にも少しずつ支障が出てしまう場合があるのです。

このような状態を慢性疲労と呼びます。

(極度の疲労が長期間続く場合は「慢性疲労症候群」の可能性があります)

慢性疲労の原因は?

慢性疲労の原因って実はしっかりと解明されていないんです。

なのでしっかりとした定義づけはありません。

僕の経験のお話になりますが、今まで担当させて頂いたお客様の慢性疲労の原因には

  • 水分不足
  • 酸素不足
  • ストレス
  • 運動不足

などが挙げられました。

なので今回はこの原因から発症する慢性疲労の解消法をお伝えします!

 

水分不足からくる慢性疲労

水コップ

人間のカラダの約60%は水でできています。

水により栄養素や代謝物の運搬などが行われています。

常に一定の水分量が必要な為、意識的に摂取しないとダメなんですね。

実際にわずか2%の水分を失っただけでぼんやり、食欲が減退したりする。

などの体調不良が現れます。

つまり

カラダの中の水分量が足らなくなってしまうと人間は代謝に異変が起き、

非活動的なカラダに変わっていくのです。

1日の理想の水分摂取量は?

成人の方が1日の中で排出する水分量が約2.3ℓと言われております。

なので約2.3ℓは摂取したいですよね。

ただ、「2.3ℓが多い!」という方はまずは約1.5ℓを目標にしましょう!

食事を行うだけで、約0.8ℓの水分摂取が行われるので実際に飲料として摂取するのは1.5ℓでも大丈夫です。

このバランスが崩れてしまうと慢性疲労はどんどん溜まる一方です。。。。

まずはいつもよりコップ1杯多く飲む。

そんなことでも構わないので、まずは少しずつ増やしていくようにしましょう!

酸素不足からくる慢性疲労

酸欠男性

いわゆる「酸欠」です。

普段1日生活していると人間は無意識に息を吸って、息を吐きます。

これは自律神経の働きです。毎回「息吸って〜」「息吐いて〜」なんて意識してたらキツイですよね。笑

だから人間には自律神経という機能が備わっており、勝手に呼吸をしてくれるのです。

階段登る時に少し多めに呼吸をしたり、安静時には軽く呼吸をしてくれたり、その場に応じて変化してくれますよね。

(自律神経に関してはこちら!)

自律神経の乱れの苦しみから解放されよう! 〜自律神経を自分で整える〜

自律神経の乱れにより酸欠になる

上記でも説明をしましたが、人間には自律神経という機能が備わっており、勝手に呼吸をしてくれるのです。

走っているときは「はあ、はあ」と激しく呼吸をしますし、

お風呂に入った瞬間には「はぁ〜」とゆっくり呼吸をしますよね。

また、緊張している時には「はっ、はっ」と浅く早く呼吸をしたりしますよね。

このように正常であれば自分の行動や感情に合わせて呼吸は変化するのです。

しかし、自律神経が乱れる事により、

『たくさん呼吸をして欲しい時にしてくれない』このようなことが起こります。

階段登った後の息切れなんてまさにそうですよね。

この自律神経の乱れこそが、酸欠の原因になるのです。

 

まずは自律神経を整えよう!

少し文中で自律神経についてお伝えしましたが、まずその自律神経を整えましょう。

酸欠からくる慢性疲労の方は自律神経が整わないと、全く慢性疲労は良くなりません。

(自律神経をしっかり理解したい!という方はこちら)
→自律神経の乱れの苦しみから解放されよう! 〜自律神経を自分で整える〜

整え方は簡単です。

乱れている呼吸を整えることで自律神経も整うのです。

まずはこの動画の通りに行ってみてください♪

1週間くらいで効果が出てくると思うので是非行ってくださいね!

 

まとめ

わずか2%の水分を失っただけでぼんやり、食欲が減退したりする。などの体調不良が現れるため、

しっかりと水分摂取をしよう!理想は約2.3ℓです。

そして「酸欠」によっても慢性疲労も出てくるのでしっかり動画を見て一緒に実践してくださいね♪

 

残り2つの「ストレス」と「運動不足」は次回お伝えします!!

 

 
 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です