女性ホルモンが減少して老いていく恐怖感と戦う40代後半だからこそ、知ってほしいカラダのコト

 

神奈川(横浜市)、東京(目黒、不動前)で「頭痛」の改善をしている

パーソナルトレーナーの本屋敷裕太です!

 

40代後半になるにつれ、女性の方々が抱える悩みの一つとして

女性ホルモンの低下です。

 

この女性ホルモンの低下は、だれでも通る道ですが

多くの方が、遠くない将来迎えるであろう閉経等が不安なのです。

女性らしい魅力や、心と体の健康も、女性ホルモンに守られているので

不安になって当然のことかとボクは思います。

 

 

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、簡単に説明すると

生理や妊娠・出産はもちろんのこと、美しさ、若々しさに関連する

女性が女性らしくいる為の素晴らしいホルモンなのです。

(詳しく知りたい方は下に貼ってあるブログリンクへ飛んでください♪)

月経周期に合わせて起こる頭痛の正体とは!?

 

多くの方が30代で「女」を忘れる

これはあくまでもボクの見解ですが、多くの方が30代で「女」を忘れるのです。

 

 

10代〜20代は【THE女の子】

10代〜20代の頃は、学生などでお友達と恋のお話をしたり、

同じ学校の同級生やクラスメイトに好きな人がいたり、

デートの時にとびっきりのおしゃれをしたり、

大失恋をして思いっきり悲しんだり、いつも好きな人のことを想ったり

【THE女の子】みたいな生活を送っていたと思います。

 

※ちなみに、こういう時って女性ホルモンがどんどん分泌されます。

 

 

30代で「女」を忘れる理由

 

ここでは家事や育児、仕事に夢中になり、自分が女性であることを忘れてしまうのです。

でもこれって別に素晴らしい事だと僕は思います。

『女性として』という姿より、優先すべき事ができたという事なのです。

子供の為に、自分のことは後回しにして育児に尽くす。

自分のやりたいことは我慢して、家事を行う。

自分のやりたいことは我慢して、自分の仕事に没頭する。

素晴らしいですよね。

 

40代で少し落ち着いた時に、自分が「女性」だと改めて自覚する

 

40代になって初めて

「自分が女性であることを自覚する」そんな方もいると思います。

ヨガに通ってみたり、エステに行ったり、ウォーキングを始めてみたり

睡眠と栄養を気にしてみたり、毎朝、筋トレをしたり。

20代のころと比べると若さこそはありませんが、

40代になって改めて女性らしさを取り戻して今の自分が、一番女らしくてきれいで好きだと感じることができると最高です。

 

そんな楽しい人生を手に入れてください!

女性ホルモンの低下に負けるな!!!

 

とはいえ、更年期も閉経も迎えそうな恐怖感とどう戦えば良いの?

もう40代後半。

女性ホルモンが枯渇して年老いていくことが怖いですよね。

でも、見方によってはまだまだ40代後半。

 

どのように女性ホルモンの低下を少しでも抑えれば良いのか?

 

ぼくに出来るのは、カラダを整えることです。

その整え方をご紹介します。

この整え方を理解するだけでも女性ホルモンの分泌を整えることができます。

 

「仙骨」が女性ホルモンのカギになる!

この水色の部分が「仙骨」になります。

お尻の割れ目の上の部分になります。

この仙骨周辺がほぐれている事が女性ホルモンをしっかりと分泌させる為の条件になります!

 

では、どうほぐしていくのか?

正直、言葉のみで説明するのは難しいので今回は僕の動画を添付するので、

その動画を見ながら一緒に行なってみてください♪

 

 

実は40代って人生で一番いい時期かも?

 

仕事が充実したり、お子さんが大きくなって自立したり、旦那様とゆっくり出来る時間が増え

幸せを感じることが多くなるのではないでしょうか?

もしかしたら、人生の一番いい時期なのかもしれませんね。

 

これからまだまだ続く人生を楽しんでいきましょう♪

 

最後にもう一度。

 

女性ホルモンの低下に負けるな!!

 

 
 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です