1年以上頭痛が続くなら「頭痛薬」の効果を期待するな!!

 

神奈川(横浜市)、東京(目黒、不動前)で

「頭痛」「不眠」の改善をしているパーソナルトレーナーの本屋敷裕太です!

 

 

頭痛に悩む現代人は、近年非常に多くなってきていますよね。

 

しかも、単発的にくるような突然の頭痛ではなく、慢性的に長引く頭痛に悩まされている人が多いのが現状です。

 

お医者さんを否定するつもりはありませんが、

このように長引くケースの頭痛はいくら頭痛薬を飲んでも改善することは難しいです!

 

 

 

なぜ頭痛薬を飲んでも改善しないのか?

 

頭痛が長引くそもそも原因に頭痛薬は適切ではないからです。

ぼくのお客様にも、頭痛で悩まれるたくさんのクライアントが訪れていますが、どんどん飲む薬の量や頻度が増えて困っているという方々でした。

ですが、適切な対象法を施したらみるみる飲む薬の量と頻度が減り、中には全く薬を飲まなくても頭痛を感じなくなる人もいらっしゃいました

この記事では、頭痛が長引く原因と正しい対処法についてお話ししたいと思います。

 

 

頭痛が長引く原因とは?

 

頭痛が長引くそもそもの原因は、一体何なんでしょうか?

これには、

呼吸

自律神経

ストレス

姿勢etc…

などなど様々な要因が重なり合っていることが多いのですが、

結果として、身体が慢性的な緊張状態に陥ってしまっていることにあります。

 

全身的な緊張によって、脳に送られる血流が悪くなってしまったり、

逆にふとした拍子にどっと流れ込むことで頭痛を引き起こすと考えられます。

 

また、頭痛が長引くような人は精神的に頑張り屋さんで、

知らず知らずのうちにストレスや身体の負担を溜め込んでしまいます。

 

なので、そうした頭痛を引き起こす要因が悪化していることに気づかず、

溜まりに溜まった結果頭痛になっているということに気がつくわけです。

 

こうなってしまったらやはり、根本的な原因がどこにあるのか?

いくつあるのか?というところを見極めないと改善することが難しいです。

 

頭痛が長引く時の対処法はこれ!!

では、頭痛が長引く人はどのように対処すれば良いか?

僕が実際に行なっている対処法をご紹介します!

 

①顎を緩める

②深呼吸をする

③首・腰のストレッチをする

 

①顎を緩める

 

まず、頭痛が長引く方には共通して、ほぼ全員に顎(顎関節)のつまりがあります。

どういうことかというと、歯を食いしばるクセがあるということです。

 

どうして歯を食いしばってしまうのかというと、

ストレスが主な原因なのですが、頭痛が長引く人のほとんどは、自分が食いしばっていることに気づいていません。

 

特に、寝ている時や何かに集中している時に食いしばっていることが多いです。

 

食いしばりによって顎の周りの筋肉(側頭筋や咬筋)が常にガチガチになってしまうので、

まずはこの辺りの筋肉を緩めることが大切です。

 

この辺りの筋肉は優しくさすったり、軽くマッサージするだけでも緩みやすくなります!

 

②深呼吸をする

深呼吸は全身をリラックスモードにするためにとても簡単ですが重要です!

顎周りを緩めることで、頭に血流がいきやすい状態になります。

そこで深呼吸を行うと、自律神経のうちの副交感神経という部分が働いて血管が広がりやすくなります。

 

つまり、筋肉の緩みと血管の広がりによって効率よく脳に酸素が運ばれるようになるわけです!

深呼吸のポイントとして、できるだけ吸う時よりも吐く時を意識的に長くすると、身体がよりリラックスしてきます。

 

 

 

③首・腰のストレッチをする

 

①と②をしっかりやるだけでも、かなり頭痛は改善してきますが、

根本にアプローチしたければもう一歩だめ押ししたいところです。

頭を支えている首、そして上半身全体を支えている腰の筋肉をストレッチでほぐしてあげましょう。

頭痛に限らず、肩こりや腰痛など不調を抱えている人は、とにかく背骨周りがかなりに固まっています。

 

背骨の柔らかさを保つためには、

背骨の中でも動きやすい関節である首と腰(正しくは胸椎)を柔らかくしておくことが重要です。

 

こうした首と腰のストレッチを深呼吸を行いながらゆっくりとおこなうことで、

背骨全体の柔軟性をだし、二度と頭痛が長引かない体につながっていきます。

 

『もっと具体的な内容を知りたい!』

という方は下記のメルマガや資料請求をご利用ください!!

 

 
 

LINEともだち募集中!

LINEで相談をしてみよう♪

また、LINEでしか話せない内容などを配信しております。

ご気軽にどうぞ!!!↓

⇒ 本屋敷とLINE友達になる

 

本屋敷のフェイスブックはこちら↓
⇒ 本屋敷のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎)

本屋敷のインスタグラムはこちら↓
⇒ 本屋敷のインスタグラム (フォロー大歓迎!)

本屋敷のyoutubeチャンネルはこちら↓
⇒ 本屋敷のyoutubeチャンネル(チャンネル登録大歓迎!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です